くらし情報『フランスを代表する女性監督が説く「人の弱さは“武器”に変えることもできる」』

2022年4月20日 19:30

フランスを代表する女性監督が説く「人の弱さは“武器”に変えることもできる」

この春も話題作がひしめき合っていますが、今回は映画好きにオススメしたい1本をご紹介します。それは、スティーヴン・スピルバーグやマーティン・スコセッシといった名監督たちに多大な影響を与えたとされる“20世紀最大の巨匠”イングマール・ベルイマン監督にまつわる注目作です。

『ベルイマン島にて』

目次

・『ベルイマン島にて』
・ミア・ハンセン=ラブ監督
・ベルイマンに惹かれるのは、自分に忠実だから
・日本を理解するために、次回は長く滞在してみたい
・過去にこだわらず、未来の力に変えてほしい
・柔らかな日差しに包まれながら、自分の心に問いかける
・目を奪われる予告編はこちら!
・作品情報
フランスを代表する女性監督が説く「人の弱さは“武器”に変えることもできる」


【映画、ときどき私】 vol. 473

アメリカからスウェーデンのフォーレ島へとやって来たのは、映画監督カップルのクリスとトニー。創作活動にも互いの関係にも停滞感を抱いていた2人は、敬愛するベルイマン監督が数々の傑作を撮ったこの島でひと夏を過ごすことで、新作へのインスピレーションを得ようと考えたのだ。

やがて島の魔力がクリスに作用し、彼女は自身の“1度目の出会いは早すぎて2度目は遅すぎた”ために実らなかった初恋を投影した脚本を書き始める。その後、どうしても結末が思いつかず、悩んでいたクリスだったが、思いがけない出会いが彼女の心を変えていくことに……。

第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、高い評価を得た本作。そこで、こちらの方に作品の背景などについて、お話をうかがってきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.