くらし情報『“仕事に行きたくない”、“何もしたくない”ときに… 疲れた心に響く「開運ことだま」6つ』

2022年5月10日 19:45

“仕事に行きたくない”、“何もしたくない”ときに… 疲れた心に響く「開運ことだま」6つ

今年のゴールデンウィークは、長い人では休みが10日間もある大型連休だったこともあり、その反動から連休明けに憂鬱な気分になっている人も多いのでは?そこで今回は、占い師の月風うさぎさんに疲れた心に響く「開運ことだま」を教えてもらいました。何もしたくないときでも、今回紹介する言葉をつぶやくだけで、不思議と意欲やパワーが湧いてくるかもしれません。気軽にトライしてみて。

開運ことだま1:「とりあえず朝食だけ食べよう」

目次

・開運ことだま1:「とりあえず朝食だけ食べよう」
・開運ことだま2:「おはよう」
・開運ことだま3:「楽しい!」「面白い!」
・開運ことだま4:「大丈夫!」
・開運ことだま5:「生かしてくれてありがとう」
・開運ことだま6:「とほかみえみため」
・口ぐせが明るい未来を引き寄せるかも!?
“仕事に行きたくない”、“何もしたくない”ときに… 疲れた心に響く「開運ことだま」6つ


連休の遊び疲れが抜けきれないと、朝起きるのも億劫になりがちですよね。ダラダラとしているうちに時間が過ぎてしまい、朝食を食べないまま仕事や学校へ行くことになってしまった人もいるかもしれません。

しかし、朝食は1日の活動のエネルギー源。しっかりと摂ることがその日を元気に過ごす第一歩と頭ではわかっていてもカラダが動かないときは、「とりあえず朝食だけ食べよう」とつぶやいてみてください。

そうやって脳に指令を出せば、自然と体が動き出すはず。すると動き出した体に連動するように、やる気やパワーも引き出されていくでしょう。

開運ことだま2:「おはよう」

“とにかく眠くて起きたくない、体が動かない…”そんなときは、まず意識を目覚めさせることが大切です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.