くらし情報『前代未聞の制作スタイル!? プロデューサーが明かす、『SPY×FAMILY』ができるまで』

2022年5月21日 19:10

前代未聞の制作スタイル!? プロデューサーが明かす、『SPY×FAMILY』ができるまで

映像美、アクション、笑い、人間ドラマ。究極のエンターテインメントがここに!プロデューサー対談で明かされる、アニメ『SPY×FAMILY』ができるまで。

アニメーションは、1つの作品は1つのアニメスタジオが手掛けるのが、一般的な制作スタイル。しかし今回は、『進撃の巨人Season1~3』で知られるWIT STUDIO、『Fate/Grand Order ‐絶対魔獣戦線バビロニア‐』を手掛けたCloverWorksという、日本を代表する実力派の2つのスタジオがタッグを組み制作するという、業界的に珍しい方法で作られている。それってどういうことなの?一緒に作るメリットとは?そんなあれこれを、プロデューサーの福島祐一さんと中武哲也さんに、根掘り葉掘り聞きました。

前代未聞の制作スタイル!? プロデューサーが明かす、『SPY×FAMILY』ができるまで


――お二人は原作のマンガにはどんな印象をお持ちでしたか?

福島祐一:僕は連載が少し進んだ頃から読み始めまして、アーニャがダミアンを殴る話あたりで“え、スパイものじゃないの?!”が最初の印象でした(笑)。学園ものなの?!って。

中武哲也:確かに読んでいくと、シリアスなスパイものではない。独特の温かみがある物語ですよね。

福島:でも、アニメにしたらすごく映えそうな作品だな、とも思いました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.