くらし情報『一級建築士が教える! 意外と知られていない「リノベーション物件で後悔しがちなコト」』

2022年5月28日 19:20

一級建築士が教える! 意外と知られていない「リノベーション物件で後悔しがちなコト」

リノベーション物件というと、内装がおしゃれ、きれい、その割に家賃や価格が比較的お手頃という印象を持つ人が多いかもしれません。それらが気に入れば住むことを決めていいものなのでしょうか。一級建築士のリクドウさんが、リノベ物件を選ぶ時のチェックポイントを教えてくれます。きれいな空間に潜む落とし穴に気をつけましょう。

一級建築士が教える!リノベーション物件で後悔しがちなコト

一級建築士が教える! 意外と知られていない「リノベーション物件で後悔しがちなコト」


基本中の基本ですが、リノベーションとは「修復」を意味します。重要なのはどこからどこまでが修復されているのかという点。そして、リノベ物件というと響きが良いイメージを抱きがちですが、本来は中古物件であるということを踏まえておかなければいけません。

ですから、簡単に言ってしまえば、リノベ物件のチェックポイントは、中古物件のそれと同様なんです。賃貸でも分譲でもマンションでも戸建てでも同じですよ。見た目に惑わされず、本質を見抜く目を持ちましょう。化けの皮を剥がす意気込みで確認をしないと後悔することになります。

チェックポイント1. 築年数

これは命に関わってきますので真っ先に確認しましょう。ポイントは1981年以降に建てられたかどうかです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.