くらし情報『甲本雅裕「強烈に怖くて強烈に逃げたくなった」 約4年ぶりの舞台は濃密な二人芝居』

2022年6月20日 19:10

甲本雅裕「強烈に怖くて強烈に逃げたくなった」 約4年ぶりの舞台は濃密な二人芝居

甲本雅裕さんにとって『テーバスランド』は、約4年ぶりの舞台出演。

「テーマは父殺しですが、日常で誰もが出合うような物語です」
甲本雅裕「強烈に怖くて強烈に逃げたくなった」 約4年ぶりの舞台は濃密な二人芝居


「自分の中では舞台も映像もなんの隔たりもなく、お話があった瞬間にどう思ったかなんです。この作品は、最初に台本の莫大なセリフ量におののいて、強烈に怖くて強烈に逃げたくなった。でもその後、『お前、ここで逃げていいのか?』って問いが強く迫ってきちゃったんですよね」

本作の登場人物は3人のみ。甲本さんが演じるのは劇作家・S。そしてSが作品のモデルにする父親殺しの青年・マルティンと、舞台でその役に扮する俳優・フェデリコを浜中文一さんが演じる濃密な二人芝居だ。

「演じる上で何が正しいという答えはないんでしょうけれど、台本を読めば読むほど、やればやるほど、意識をスイッチしないことが大事なのかなと感じています。テーマは父殺しですが、話を遡っていくと日常で誰もが出合うようなことに繋がっていく。出会いはすごく幸せだったのに1年後には喧々囂々(けんけんごうごう)で別れちゃうとか、事態が想像つかないところにいってしまうことって珍しくないわけで。だから特別な意識を持たずに作品に向き合おうと思っています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.