くらし情報『母を自宅で介護する14歳…「歌に魅せられた貧しい少年」の輝く成長を描く【仏映画】』

2022年6月23日 19:30

母を自宅で介護する14歳…「歌に魅せられた貧しい少年」の輝く成長を描く【仏映画】

2022年もまもなく上半期が終わりを迎えますが、そんなときにオススメの映画といえば、厳しいなかでも新たな道へと進み出そうとする主人公を描いた作品。そこで、今回ご紹介するのは、フランスから届いた珠玉の1本です。

『母へ捧げる僕たちのアリア』

目次

・『母へ捧げる僕たちのアリア』
・ヨアン・マンカ監督
・文化や芸術のない社会は、この世の終わり
・若いうちにオペラに触れる機会を多く持ったほうがいい
・映画を通して、社会の不平等をなくしたい
・芸術に国境はないことを感じてほしい
・どこにでも“希望の光”は必ずある
・心を掴まれる予告編はこちら!
・作品情報
母を自宅で介護する14歳…「歌に魅せられた貧しい少年」の輝く成長を描く【仏映画】


【映画、ときどき私】 vol. 496

南仏の海沿いの町にある古ぼけた公営団地で、3人の兄と暮らす14歳のヌール。長年、昏睡状態に陥っている母を兄弟だけで自宅介護する生活は苦しく、まだ中学生ながら夏休みは兄の仕事の手伝いと家事に追われる毎日を過ごすことに。

そんなヌールの欠かせない日課は、毎夕に母の部屋の前までスピーカーを引っ張っていき、母が大好きなオペラを聴かせてあげることだった。ある日、教育奉仕作業の一環で校内清掃中だったヌールは、歌の夏期レッスンをしていた声楽講師のサラに呼び止められる。そして、歌うことに魅せられていくのだが……。

2021年のカンヌ国際映画祭で<ある視点部門>に正式出品されたのをはじめ、国際的な評価を得ている本作。そこで、今後のフランス映画界を背負っていく新たな才能としても注目を集めているこちらの方に、お話をうかがってきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.