くらし情報『実は日本と深いゆかりを持つ「カルティエ」 両者の結びつきを紹介する展覧会が開催中!』

実は日本と深いゆかりを持つ「カルティエ」 両者の結びつきを紹介する展覧会が開催中!

東京・原宿に日本で最初のカルティエのブティックが誕生してから、今年で50年。その節目を記念して、カルティエと日本の深い結びつきを紹介する展覧会「カルティエと日本 半世紀のあゆみ『結 MUSUBI』展――美と芸術をめぐる対話」が開催中。1847年にパリで創業して以来、変わらぬ開拓精神で新しいスタイルを追求してきたハイジュエリー・メゾンが、実は日本と深いゆかりを持つことはご存じ?日本をはじめインド、中国の東洋文化がカルティエのクリエイションの主な源泉となったのは、3代目のルイ・カルティエがビジネスに参画してから。

カルティエと日本を結ぶ過去、現在、未来へ続く物語。

高い審美眼を持ち、美術愛好家としても知られるルイが集めた日本関連の書籍や骨董品は、デザイナーたちに無限のインスピレーションを与えたという。例えば、繰り返し登場する藤や桜のモチーフは、日本の美術から着想を得ているといい、市松模様などの染め物の型紙に見られる抽象的・幾何学的な紋様は、カルティエスタイルの形成に大きな示唆をもたらしたとか。

会場の表慶館は、皇太子(後の大正天皇)のご成婚を記念して建てられた、明治期を代表する優美な洋風建築。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.