くらし情報『見ても触れても気持ちがいい! 生活を豊かにする“木の逸品”5選』

見ても触れても気持ちがいい! 生活を豊かにする“木の逸品”5選

モダンな北欧デザインに、伝統技術を活かした和の雑貨など温もりを感じさせる木のアイテムは、見ても触れても気持ちがいいもの。経年変化も楽しめそうな、タイムレスな魅力を持つ逸品をセレクト。

天然杉の香りがお弁当のおいしさを引き立てる。
見ても触れても気持ちがいい! 生活を豊かにする“木の逸品”5選


白木のままの杉を使ったお弁当箱は、手仕事により丁寧に作られたもの。炊きたてのご飯の余計な水分を吸収し、おいしさをキープ。シーンによって上段のみで使っても。伝統的な曲げ物の製作を行う『柴田慶信商店』から。¥14,300(cotogoto TEL:03・3318・0313)

お酒を嗜む時間を豊かにする、優美なフォルム。

見ても触れても気持ちがいい! 生活を豊かにする“木の逸品”5選


薄く仕上げられた注ぎ口に職人技が光る。流れるような形が手にしっくりと馴染み、使いやすさも申し分なし。すべすべとした質感も特徴で、手触りでも楽しませてくれる。片口¥22,000(ENCOUNTER Madu Aoyama TEL:03・3498・2971)

コーヒーフィルターをスマートに収納。

見ても触れても気持ちがいい! 生活を豊かにする“木の逸品”5選


木工作家・西本良太さんによるコーヒーフィルターホルダーは、直線的な木目が際立つミニマルな設計。マグネット付きなので、冷蔵庫に付けて使いたい。¥2,420(クラスカ ギャラリー&ショップ“ドー”渋谷ヒカリエ ShinQs店 TEL:03・6434・1663)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.