くらし情報『無責任な夫にイラッ… 夫婦関係が悪化した「住宅リフォームのトラブル」とは【前編】』

無責任な夫にイラッ… 夫婦関係が悪化した「住宅リフォームのトラブル」とは【前編】

結婚後に家族とどのような家で暮らすかは、生活をするうえでとても大切なことでしょう。生活の基盤となり、そこで問題が起きれば家族関係に悪影響を及ぼしかねません。真澄さん(仮名・39歳)は、かつて家のリフォームトラブルによって夫婦関係に溝が生じたと言います。当時の状況を詳しく伺いました。

家をリフォームすることに

目次

・家をリフォームすることに
・「友だちだから心配ない」と言われ…
・トラブルへの懸念
・リフォーム会社にクレームを入れると…
無責任な夫にイラッ… 夫婦関係が悪化した「住宅リフォームのトラブル」とは【前編】


「夫と結婚して、ひとり目の子どもを授かったあと、郊外に一軒家を購入しました。穏やかな街並みのなかにある、中古物件です。それからふたり目の子どもが生まれ、家の購入から10年ほどが経つと、外壁にやや劣化が見られるようになりました。そこで、リフォームすることにしたんです。

夫が、“リフォーム会社を経営している友人がいる”ということで、まずその友人にお願いして見積もりを出してもらうことに。屋根のリフォームも合わせておこなうため、100万円ほどの金額が提示されました」

「友だちだから心配ない」と言われ…

「修繕費はかなり高額。なので、ひとつの会社だけでなく、いくつかの会社に見積もりを出してもらったほうがいいと夫に進言しました。すると夫が、“友だちだから心配ない”と。“むしろサービスしてくれている”と言い、ほとんど書類に目を通すこともなく、友人の会社への委託を決めてしまいました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.