くらし情報『助成金がおりず高額支払いに… 住宅リフォームのトラブルで生まれた「夫婦関係の溝」【後編】』

助成金がおりず高額支払いに… 住宅リフォームのトラブルで生まれた「夫婦関係の溝」【後編】

真澄さん(仮名・39歳)夫婦は、結婚後に郊外に一軒家を購入。10年ほどして外壁のリフォームをすることになり、夫の友人のリフォーム会社に工事を依頼しました。着工後、現場スタッフの態度の悪さが気になりリフォーム会社に苦情を伝えたところ改善されたものの、夫から「勝手なことをするな」と怒られてしまったそう。工事は続くなか、夫婦関係はどうなっていったのでしょう。

会社にクレームを入れたものの…

目次

・会社にクレームを入れたものの…
・外壁の色に違和感
・「プロに任せておけば問題ない」とあしらわれ…
・夫の確認不足が発覚
助成金がおりず高額支払いに… 住宅リフォームのトラブルで生まれた「夫婦関係の溝」【後編】


「私がリフォーム会社に苦情の電話をしてから、現場スタッフの態度は一時的に改善されたものの、スタッフは入れ替わりがあるため、また少しずつ気になる部分が見えるようになってきました。
多少のことには目をつむっていましたが、あるとき、隣の家の前におそらく業者が忘れていったと思われる資材が残っていたのです。
スタッフが全員帰っていたので、私が家の敷地まで移動させるなどしたのですが、そのようなことが続くことでスタッフたちへの不信感はまた募ってしまいました」

外壁の色に違和感

「工事開始から10日ほどして下地の処理が完了し、いよいよ塗装が始まりました。塗られていく外壁を何気なく眺めていると、私はあることに気付きました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.