くらし情報『梅雨どきの挨拶メールの書き方【ビジネスマナー】すぐに役立つ文例付き』

梅雨どきの挨拶メールの書き方【ビジネスマナー】すぐに役立つ文例付き

雨の日は、なんとなく仕事に行きたくない、外に出たくな…そんな憂鬱な気持ちになりがち。そんな気分が上がらない日に、気遣いのできる素敵な言葉をかけられるとすがすがしい気持ちになりますよね。雨の日や天候が悪い日にこそ、大人のマナーが試されるものです。そこで今回は、大人なら身につけておきたい梅雨の時期に使える挨拶言葉について、秘書歴約15年でマナーに詳しい、能美黎子さんが説明します。

梅雨の時期に活躍する挨拶言葉

目次

・梅雨の時期に活躍する挨拶言葉
・時候の挨拶の種類
・梅雨の時期に使える時候の挨拶
・6月に使える結びの言葉
・おわりに
梅雨どきの挨拶メールの書き方【ビジネスマナー】すぐに役立つ文例付き


【元社長秘書のマナー講座】vol. 41

梅雨になると雨の日が続き、出かけるのが億劫になってしまうというかたも少なくないかと思います。ビジネスにおいては、天候に関係なく訪問やお客さま対応がありますよね。雨の日に訪問先で、相手から気遣いの言葉をいただいて心が晴れやかになったという経験があるかたもいらっしゃるのではないでしょうか?雨が続く季節だからこそ、受け取り手の気持ちをすがすがしくさせるような文章や声がけをしたいものです。

そこで今回は、梅雨の時期にビジネスメールで使える挨拶の言葉や気遣いの言葉を例文とともにご紹介します。
大人なら身につけておきたい配慮の行き届いた言葉をぜひこの機会にチェックして使ってみてくださいね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.