くらし情報『大地震! もしも就寝中に起こったら? 自分を守る行動2つ』

2018年6月18日 13:30

大地震! もしも就寝中に起こったら? 自分を守る行動2つ

グラリときたら?おさまったら?2ステップで覚えたい安全対策。
大きな揺れがきたら、思わずフリーズしてしまいそう!だけど最低限、揺れたときとその後の行動は覚えておきたい。「一般社団法人 防災ガール」代表理事の田中美咲さんと、危機管理アドバイザーの国崎信江さんにお話を聞きました。
大地震! もしも就寝中に起こったら? 自分を守る行動2つ

安全第一の行動ができる、“スキなし女子” を目指して。
「揺れている間は、まず頭と体を守ります。すぐ逃げようとすると、転んでケガをする恐れも。揺れがおさまってから、安全な場所を確認して避難しましょう。このふたつを押さえられれば、無事でいる確率は上がるはず」(田中さん)

さらに物理的&心理的な事前準備をしておけば、よりスムーズな避難ができるように。

「家具を固定したり、非常用品を備えておくのは当たり前。災害に対する心構えも必要です。どのスペースが安全か、どこに非常口があるのか、常に探すクセをつけるとよいですよ。さらに、自分の家やオフィスの耐震強度は必ず調べておくこと。強度が低いのに中でぐずぐずしていたら、建物に押しつぶされます。強度が高ければ慌てて逃げる必要がなくなり、外で落下物にぶつかる恐れが低くなります」(国崎さん)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.