くらし情報『収納方法を見直したらメイクも変わった!持ち運べる「メイクボックス」で化粧品の見える化を。[PR]』

2020年6月30日 08:31

収納方法を見直したらメイクも変わった!持ち運べる「メイクボックス」で化粧品の見える化を。[PR]

目次

・まずは、プチ断捨離から
・細分化されているから、収納下手でもカンタン
・使わない時はさらにすっきり!
・全部見えする化粧品収納で、変化したこと
収納方法を見直したらメイクも変わった!持ち運べる「メイクボックス」で化粧品の見える化を。[PR]

一人暮らし歴2年半。アンジェに入って1年半。
どちらかといえば片付けは苦手ですが、アンジェで働く中で、様々なインテリア・キッチングッズなどを知り、「私の部屋も心地よい暮らしができるインテリアにしたい」と一念発起。
少しずつですが、一人暮らしの部屋改造に励んでいます。

1Kの狭い部屋にも関わらず、ものを捨てるのが苦手でどんどんたまっていってしまうのが1番の悩み。
中でも、以前化粧品を扱う仕事をしていたこともあり、サンプル品や試しに購入したものなどであふれている化粧品の収納は、とてもずさんな状態でした。

この化粧品収納を見直すために迎えたのが、「持ち運びができる メイクボックス」
化粧品のプチ断捨離と、収納の見直しのおかげで、毎日のメイクにも変化が出てきたんです。

まずは、プチ断捨離から

最初に、大量にもっている化粧品類のプチ断捨離からスタート。

alt


普段使いのいただき物のポーチと、あまり使わないものを入れる無印良品のケース。
2つを収納に使用していましたが、実際のところ稼働していたのはほとんどポーチのみ。
今回、全ての中身を出し、「いる・いらない」を選別しました。

alt


全てを出したら、このくらいの量。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.