くらし情報『夏の音をモダンに感じる風鈴。3RD CERAMICSのFURINを今の暮らしに。[PR]』

2021年7月19日 08:21

夏の音をモダンに感じる風鈴。3RD CERAMICSのFURINを今の暮らしに。[PR]

真っ白な無骨なデザインがなんとも私好み。
シンプルの極のようなデザインでありながら、存在感を放つ洗練さ。
その白は、インテリアの景色にスッとなじむような美しさ。

alt


チリンチリン〜と涼しげな音を奏でるのは、無釉薬の磁器「ボーンチャイナ」でつくられた傘と、真鍮でつくられたリング状の舌。
傘の中で舌がやさしく当たり、美しい夏の音色を奏でます。

音の高さは、傘の形によってそれぞれ異なります。
・tatenaga(タテナガ)
・sankaku(サンカク)
・shikaku(シカク)
高い順。
好きな音色をお選びくださいね。
わが家は、tatenagaをセレクト。

alt


短冊の和紙も、吊り紐も。
こだわり抜かれた白と白。
同色であり異素材である素材たちの組み合わせが、白に奥行と上質さを生み出します。
alt


一点一点手づくりの3RD CERAMICSのFURINは、プレゼントにも最適。
友人の新築お祝いや、帰省の際の贈り物などに。
上品なボックスが、気遣いを感じさせます。

外の空気を吸って、FURINの音で気分をリセット。

もともと風鈴は、魔除けの意味から暮らしに取り入れられたものだそう。
窓際に吊るして、外から入る夏風を涼やかに感じられるように使われていたものですが、猛暑の現代ではエアコンをつけっぱなしにすることも多く、遠ざかってしまっていた存在かもしれませんね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.