くらし情報『ボンモマン「お薬手帳ケース」再入荷!救急箱と一緒に迎えて、おうちの"お薬事情"を見直しました。[PR]』

ボンモマン「お薬手帳ケース」再入荷!救急箱と一緒に迎えて、おうちの"お薬事情"を見直しました。[PR]

目次

・お薬手帳と診察券は常にひとまとめ
・お薬を仕分けました。
・救急箱と通院ケースは近くに収納
ボンモマン「お薬手帳ケース」再入荷!救急箱と一緒に迎えて、おうちの"お薬事情"を見直しました。[PR]

もともと風邪を引きにくく、通院経験も
あまりなかったことから、健康管理にはとにかく無頓着だったわたしですが
去年の健康診断の結果から、通院が続いたり、
定期的に病院に行くことが増えるようになりました。

「あの病院の診察券、どこ行った?」
「お薬手帳、また忘れた…」

通院時のそんなプチ悩みも多くなり、いざというときに
サッと対応できるよう、救急グッズと通院アイテムを見直すことに。

卓上サイズの救急箱は、一人暮らしの医療品をまとめるのにぴったり。
お薬手帳忘れ常習犯から脱却するため、お薬手帳ケースも一緒に。

新しくおうちに迎えた医療品収納グッズの愛用レポをご紹介です。

お薬手帳と診察券は常にひとまとめ

お薬手帳を持参する習慣がなく、
「処方されたお薬のシールだけもらえればいい!」
そんな風に今までは考えてましたが、
ある日、薬局で会計を待っているときにふと貼られていたポスターを見ていたら…
「お薬手帳を忘れると、医療費損しているかも!?」の文字が。

お薬手帳を薬局に持参すると支払いが安くなる場合があることを
そのときはじめて知りました…
それだけでなく、もちろん薬の飲み合わせや重複しての投与を防ぐためにも
「お薬手帳」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.