くらし情報『海にプールにスイミング。今夏は「リュックになるプールバッグ」で身軽にGO![PR]』

海にプールにスイミング。今夏は「リュックになるプールバッグ」で身軽にGO![PR]

目次

・ナップサック型は多いけれど、意外と少ないリュック型
・即戦力かつ長く愛用できる
・使って実感、気が利くポイントがいろいろ
・防水ポーチと一緒に使えばさらに機能的
海にプールにスイミング。今夏は「リュックになるプールバッグ」で身軽にGO![PR]

水遊びが大好きな小学1年生の娘。今日は夏日になりそうです、と天気予報が流れるたびに、「もうプール開き?」とワクワクしています。

プールはまだ少し先だけど、この暑さなら水遊びはできそう。幼稚園の頃に使っていたプールバッグがくたびれていたので、今年は早めに新調することにしました。

「必要な荷物が入って」「飽きずに使えて」「背負えるもの」という条件で探したところ、いいものを発見。kukka ja puu(クッカヤプー)の新作が、まさにピッタリだったのです。

ナップサック型は多いけれど、意外と少ないリュック型

わたしがリュック型にこだわる理由は、

海にプールにスイミング。今夏は「リュックになるプールバッグ」で身軽にGO!


ズバリ、自転車です。

娘がプールバッグを使うシーンは、スイミング、市営プール、公園、川、とすべて自転車距離にあります。幼稚園の頃は2人乗りで行っていましたが、小学生になるとそういうわけにいきません。

前カゴが小さくて荷物があまり入らないため、自転車の日はリュックスタイルが基本になっていて、プールバッグも背負えるものをリクエスト。

海にプールにスイミング。今夏は「リュックになるプールバッグ」で身軽にGO!


だけど探してみると、背負えるプールバッグは、ほとんどがナップサック型なんですよね。ナップサックだとランドセルの上から背負えるというメリットはありますが、あいにく娘の小学校はプールバッグが学校指定のため、その必要がなく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.