くらし情報『みんなに愛される!女性の魅力は「教養」でつくられる【桜にまつわる日本文化】』

2016年4月2日 21:00

みんなに愛される!女性の魅力は「教養」でつくられる【桜にまつわる日本文化】

iStock_000056488594_Small


いにしえの人は、夢のように美しく儚く散っていく桜を「夢見草」と呼んだそうです。

まさに桜の美しさは、儚い夢のよう。一瞬で消えてしまうからこそ、人は「今この瞬間の美」を心に深く刻みたいと思うのかもしれませんね。

桜はいにしえの時代より、和歌、絵画、文学、音楽と、さまざまな芸術を生み出してきました。

今回はお花見でちょっぴり自慢できる「桜にちなんだ教養」をご紹介します。みんなが憧れる、日本女性としての品格にあふれた心美人を目指しましょう!

何があっても「美しく」とらえられる感性を持とう
iStock_000060926200_Small

日本人は何故こんなにも、桜の花が好きなのでしょうか。その根底にあるのは「諸行無常」。すべてのものは時とともに移り変わってゆく。儚いからこそ美しいという、日本人ならではの考え方です。

日本人はいきいきと輝くものより、散りゆく桜、枯れた野原など、命が終わるさまに「情緒」や「美」を見出してきました。時の流れに無情に逆らわず、すべてを受け入れ、それさえも美に変えてしまう、まるで魔法のようです。

私たち一人一人の心のなかにも、そんな日本人の豊かな感性が受け継がれているんですよ。

世界三大美女が考える「美しさ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.