くらし情報『手取り20万円の派遣OLでも安心して産める!「ズバリ教えます!出産費用を節約する方法」3つ』

2013年12月7日 11:30

手取り20万円の派遣OLでも安心して産める!「ズバリ教えます!出産費用を節約する方法」3つ

手取り20万円の派遣OLでも安心して産める!「ズバリ教えます!出産費用を節約する方法」3つ
もしかして妊娠!?と思ったとき、新しい命への期待とともに頭をよぎるのがお金の不安。以前、この『ANGIE』において、妊娠・出産にかかるお金は意外と少ない、というお話をしました。とはいえ、費用をすべて合わせると、子ども1人あたり50万円から100万円程度が必要。そんなお金絶対ムリ!とビビる人も多いでしょう。でも、出産にかかるお金は、節約することができるのです。3つの方法をご紹介しましょう。1:助成をうまく利用する出産育児一時金には、健康保険によって付加給付が出る場合もあります。また、自治体、勤務先によっては独自にお祝い金を支給するところもありますから、何か受け取れるものがないかどうかを今一度確認してみるのがオススメです。これらの給付はほとんどが自分で申請しないと受け取れません。言った者勝ちですよ!2:支払方法を工夫する出産育児一時金は、妊娠4ヵ月(85日)以上で出産したときは、子ども1人あたり42万円(産科医療補償制度の対象外となる出産の場合は39万円)受け取れます。この受け取り方を工夫すると、退院時の負担を小さくすることができます。通常は、医療機関にまず分娩費や入院費を全額支払い、後で健康保険から出産育児一時金を受け取るのですが、これを健康保険から医療機関に直接送金してもらう方法があるのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.