くらし情報『【栗山千明インタビュー】大阪のスーパーで衝撃を受けた「あるモノ」って!?』

2019年2月23日 21:00

【栗山千明インタビュー】大阪のスーパーで衝撃を受けた「あるモノ」って!?

寒さの中にも春の兆しが感じられるようになってきました。皆さん、春のお出かけはもうお決まりですか?これから計画しようという人は、劇場での舞台鑑賞はいかがでしょうか?

今回は、3月・4月に上演される舞台『十二番目の天使』に出演する栗山千明さんに舞台の魅力や、大阪滞在中の過ごし方などを教えていただきました!

目次

・世界中で愛されている感動のベストセラー小説が初舞台化!『十二番目の天使』
・母親役で1人2役に挑戦!家族を亡くした男と秘密を抱えた少年の愛と希望の物語
・出演者の皆さんと稽古を重ねながら、1つの作品を作り上げていく喜び
・関西のお土産といえば、『点天』の餃子と『551』の豚まん
・栗山千明さんが大阪のスーパーで毎回見かける、あるモノとは!?


スーパーを訪れた際には、関西人には想いもよらない発見があったようですよ。

■世界中で愛されている感動のベストセラー小説が初舞台化!『十二番目の天使』

全世界で著作が3,600万部以上読まれている作家オグ・マンディーノの感動作、『十二番目の天使』。今回、待望の初舞台化が決定。豪華キャスト陣が熱演します。

ビジネスで大きな成功を収め、幸せの絶頂にあったジョンは、故郷で新生活を始めようとした矢先、妻のサリーと息子のリックを交通事故で亡くし、人生が一変。

2人のいない世界に絶望し、人生に幕を下ろそうとしたとき、幼馴染のビルに頼まれ、地元のリトルリーグのチーム監督を引き受けることになります。そして、ティモシーという少年と出会います。

十二番目のメンバーとしてチームに選ばれた彼は身体が小さく、運動神経も良いほうではなかったのですが、決してあきらめることなく人一倍練習に励んでいました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.