くらし情報『「座席が揺れてびっくり…」山崎育三郎&河北麻友子が語る、大阪でよく行くスポットとは?』

2019年4月13日 18:00

「座席が揺れてびっくり…」山崎育三郎&河北麻友子が語る、大阪でよく行くスポットとは?

目次

・『名探偵コナン 紺青の拳』あらすじ
・コナン映画で史上初!海外が舞台の収録は「セリフの大半が英語」
・関西のお土産にはやっぱりアレを選んでしまう……?
「座席が揺れてびっくり…」山崎育三郎&河北麻友子が語る、大阪でよく行くスポットとは?

女性人気も高い国民的アニメ『名探偵コナン』。いよいよ4月12日(金)に劇場版最新作『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』が公開!前売り券をゲットしているという方も多いのではないでしょうか。

毎年話題になるゲスト声優は、俳優・歌手の山崎育三郎さんと、帰国子女でモデルの河北麻友子さん。今回はお2人に収録時の裏話や大阪にまつわるエピソードを伺いました!

■『名探偵コナン 紺青の拳』あらすじ

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=2X-JSRWnH1Y]

舞台は、シンガポール。19世紀末に海賊船とともに海底に沈んだ、世界最大のブルーサファイア“紺青の拳(こんじょうのフィスト)”を巡り、殺人事件が発生。そこにはコナンの宿命のライバルで、“月下の奇術師”の異名を持つ怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた。

犯罪心理学者を名乗るレオン・ローと、その秘書レイチェル・チェオングの2人がコナンたちの前に現れます。巨大な陰謀に巻き込まれていくコナンと怪盗キッドたちは、どうやって事件を解決へと導くのか?

今作は、劇場版『名探偵コナン』映画史上初の海外を舞台に繰り広げられる壮大なストーリーです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.