くらし情報『5月は紫外線だけじゃなく“乾燥”にも気をつけて【教えて蓬莱さん!お天気耳より情報】』

2019年5月15日 20:00

5月は紫外線だけじゃなく“乾燥”にも気をつけて【教えて蓬莱さん!お天気耳より情報】

そうなんです。紫外線を浴びて身体に一番影響しやすいのが7月、8月。

5月はその次に影響しやすいので、紫外線対策がまだの方は早めに始めたほうがいいですね。近頃は気象庁をはじめ、各機関で紫外線対策が推奨されています。

僕らが子どもの頃は、何もせんかったんですけどね。僕は2歳と4歳の子どもがいるのですが、外出する時は家族全員で日焼け止めを塗っていますよ。

■春の紫外線はシワ、夏の紫外線はシミの原因になりやすいと言われている!?

5月は紫外線だけじゃなく“乾燥”にも気をつけて【教えて蓬莱さん!お天気耳より情報】

画像:anna

──紫外線が肌に与える影響について教えてください。

私たちが日頃浴びている紫外線には2種類あって、春から梅雨も比較的多く、肌への浸透力が高いと言われている『UV-A』、『UV-B』は夏のじりじりとした強い日差しをイメージしてください。──春から紫外線には要注意なんですね。スーパーの買い物や洗濯物を干す時など、日常生活でちょっと外に出る時も、日焼け止めはSPFの数値が高いものを使用した方が良さそうですね!

日常生活で少し屋外に出る程度なら、SPF30くらいあれば十分ではないでしょうか。

バーベキューや潮干狩りなどで、屋外で長時間過ごす時には、SPFの数値がより高いものを選ぶようにして使い分けると、より効果的に紫外線対策ができます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.