くらし情報『世界で2番目に発売されたのに…悲劇の袋めん『イトメン』が地元で人気の理由とは?』

2019年5月18日 22:00

世界で2番目に発売されたのに…悲劇の袋めん『イトメン』が地元で人気の理由とは?

目次

・1945年創業の老舗企業『イトメン』とは?
・『イトメン』を襲う数々の“悲劇”とは?
・ヒットの秘密は、「残念」を次なる挑戦につなげていくこと!
世界で2番目に発売されたのに…悲劇の袋めん『イトメン』が地元で人気の理由とは?

子どもから大人まで多くの人に愛される袋めん。簡単に作れるだけでなく、日持ちするので自宅に常備しておくと便利ですよね。

関西に、知る人ぞ知る“悲劇”の袋めんがあるのはご存知ですか?その袋めんを作っている老舗企業が『イトメン』。

今回は、2019年4月12日(金)に放送された読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』の『たむらとすちえのヒットの秘密パクります』より、そんな悲劇に見舞われながらも愛される『イトメン』の人気の秘密をご紹介します。

■1945年創業の老舗企業『イトメン』とは?

世界で2番目に発売されたのに…悲劇の袋めん『イトメン』が地元で人気の理由とは?

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

兵庫県たつの市に本社を置き、創業74年の老舗企業『イトメン株式会社』。今回、初めて名前を聞いたという人も多いのでは?なんとこちらの企業、世界で2番目に袋めんを世に送り出しているんです。
世界で2番目に発売されたのに…悲劇の袋めん『イトメン』が地元で人気の理由とは?

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

看板商品は、地元で『イトメン』の愛称で親しまれる『イトメン チャンポンめん(1袋)』(メーカー希望小売価格108円・税込)。エビとシイタケのかやくがスープとマッチして独特の風味と香りが特徴で、あっさりとしたやさしい味わいが魅力です。

たつの市と北陸地方の一部で人気があり、年間2,000万食以上売れているのですが、イトメンの常務曰く「残念な会社」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.