くらし情報『映画『耳を腐らせるほどの愛』NON STYLEが語る“くだらなさ”を徹底的に追求したミステリーとは』

2019年6月13日 22:00

映画『耳を腐らせるほどの愛』NON STYLEが語る“くだらなさ”を徹底的に追求したミステリーとは

、謎の男・黒柳哲(小木茂光)、物静かな女・豊橋千秋(MEGUMI)の8人が宿泊していた。

真壁と納冨が聞き込みをしていくうちに、宿泊客たちの知られざる事実が明らかになっていく。果たして、主人公を殺したのはいったい誰なのか?

主人公が死体という衝撃のプロローグから始まるストーリー。緻密に計算された笑いに、ひとクセもふたクセもある登場人物たちとの絡み合い。そして次々と巻き起こる波乱と驚き。いまだかつてないミステリー・コメディ作品です。

■ノンスタ節が炸裂!「本当は寝てる」井上さんの死にっぷりに注目を

映画『耳を腐らせるほどの愛』NON STYLEが語る“くだらなさ”を徹底的に追求したミステリーとは

画像:anna

──今回の映画の見どころを教えてください。

石田井上さんの洗練された死にっぷりですね(笑)

井上終始、私は目を閉じています。そのなかで本当に寝ているときもあります。代役のときもありますし、ピクピク動いているときもあります。それを皆さんに見つけていただきたいと思います。石田(死体役が)とても似合っていました。

──石田さんは今回、脚本を担当されていますよね。こだわりのポイントはありますか?
映画『耳を腐らせるほどの愛』NON STYLEが語る“くだらなさ”を徹底的に追求したミステリーとは

画像:anna

石田今回のテーマが、どれだけくだらない内容にするのかだったので。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.