くらし情報『映画『アルキメデスの大戦』の山崎貴監督が語る!大阪で驚いたこととは』

2019年8月14日 22:00

映画『アルキメデスの大戦』の山崎貴監督が語る!大阪で驚いたこととは

目次

・『アルキメデスの大戦』あらすじ
・海や波、自然現象はすべてフルCG!
・参りました!USJの構造に驚き!
映画『アルキメデスの大戦』の山崎貴監督が語る!大阪で驚いたこととは

映画監督であり、VFXディレクターとしても活躍する山崎貴監督。太平洋戦争を舞台にした『アルキメデスの大戦』や、累計の出荷・ダウンロード販売本数が7800万本を突破している国民的RPG「ドラゴンクエスト」をフル3DCGアニメで初映画化した『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』で総監督を務められています。

今回は、山崎監督に『アルキメデスの大戦』の制作秘話や、関西での思い出のエピソードについてお話しを伺いました。

■『アルキメデスの大戦』あらすじ

時は1933年(昭和8年)。欧米列強との対立が深まる一方、日本は軍拡路線へと歩みを進めていた。

そんな中、海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画をひそかに進行。この計画に反対していた人物が、舘ひろし演じる海軍少将・山本五十六。彼は、戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いであり、愚かなことであるかを証明するために、独自に計算を進めていた。

しかし、国家の機密情報は厳密に管理されており、軍の息のかかっていない外部の協力者が必要だった。そこで目を付けたのが、菅田将暉演じる100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直(かい・ただし)。数学を偏愛し、軍隊嫌いの櫂と海軍のかつてない頭脳戦が勃発する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.