くらし情報『映画『アルキメデスの大戦』の山崎貴監督が語る!大阪で驚いたこととは』

2019年8月14日 22:00

映画『アルキメデスの大戦』の山崎貴監督が語る!大阪で驚いたこととは

大和を描いた作品はこれまでに多くありますが、新しい切り口を探していたところで原作に出会いました。これは物語も面白いし、大和もしっかりと描ける、そう思ったんです。

そして、たまたま菅田将暉くんと仕事を一緒にやっていて、原作のイメージとぴったりと合致したので、菅田くんに演じてもらいたい!と思ったんです。菅田くんは原作と顔も似ているんですよ。

ー山崎監督の作品と言えば迫力満点なVFXですが、荒れる海がとても印象的でした。

山崎これまでの作品は、実際の海で船や飛行機から撮影を行っていましたが、今回は自由なカメラワークで撮影したいという思いもあってフルCGにしました。

海や波、自然現象もすべてCGで再現しなければならなかったので、なかなかに労力を使いました。イメージを再現していくのは大変でしたが、納得のいくものができたと思っています。

ー今後はどのような作品に挑戦したいですか?

山崎日本でやる意味のあるVFXは作っていきたいと思っています。例えば、大和は日本人じゃないと描けないと思うんです。大和に対する切なさは日本人しかわからないじゃないですか。そういう作品を今後も作り続けていきたいですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.