くらし情報『大阪・守口生まれの赤楚衛二はミナミで飲み歩きがしたい!木曜ドラマF「わたし旦那をシェアしてた」インタビュー』

2019年8月8日 21:00

大阪・守口生まれの赤楚衛二はミナミで飲み歩きがしたい!木曜ドラマF「わたし旦那をシェアしてた」インタビュー

■松田秀明は「自責の念を抱えながらも周りを助けるいい奴」

大阪・守口生まれの赤楚衛二はミナミで飲み歩きがしたい!木曜ドラマF「わたし旦那をシェアしてた」インタビュー

画像:anna

−今回演じている松田秀明は、恭平殺しの実行犯でありながらシェアハウスの雑用係で3人のシングルマザーと共同生活をしていくという、物語のキーパーソンとなる役どころでもあるかと思います。改めて、松田という人物をどのように捉えて演じているのかお聞かせください。

“自責の念を抱えながらも周りを助けるいい奴”だと思って演じています。後半ではある事件をきっかけに松田が大きく変わっていくので、その点も注目していただきたいです。

−どのような役作りをして挑みましたか?

いろんな過去を抱えていて、謎が多いキャラクターでもあるので、役作りの段階ではどうやって向き合っていくのか悩みました。僕がこれまでに演じてきたのはヒーロー的な立ち位置の役が多かったのですが、松田も女性3人を“守る”という部分では共通点はありつつも、根本的な憎しみや悲しみが違うと思っています。そういう点では今まで以上に考えながら、いい意味で悩みながら演じていますね。

絶対に外しちゃいけない芯となる部分は固めていますが、それ以外は現場の雰囲気やキャストのみんなで作っていきたいという思いもあるので、なるべく“スポンジ”のような状態でいたいなと思っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.