くらし情報『可愛すぎ!話題の『こふん列車』で世界遺産を楽しむ旅はいかが?』

2019年8月19日 18:00

可愛すぎ!話題の『こふん列車』で世界遺産を楽しむ旅はいかが?

目次

・移動時間が楽しくなる!愛らしいハニワだらけの『こふん列車』
・古墳デザインが可愛らしい!思わず集めたくなる『記念切符』
・お土産にも喜ばれる!一口サイズが可愛い『古墳もなか美陵(みささぎ)』
可愛すぎ!話題の『こふん列車』で世界遺産を楽しむ旅はいかが?

2019年夏。藤井寺市と羽曳野市一帯にある、百舌鳥・古市古墳群が世界文化遺産に登録されました。それに伴い、この沿線を走る近鉄電車では記念電車を運行することになったのです!

それがとっても可愛いとの情報を受けたため、今回近鉄電車が主催する見学会に参加し、実物を確かめに行ってきました。

■移動時間が楽しくなる!愛らしいハニワだらけの『こふん列車』

3両から成る『こふん列車』は、外観・内観すべてにハニワをあしらった可愛らしい電車です。それぞれの車両の窓には、2体のハニワが車外に向かってポーズを決めています。
可愛すぎ!話題の『こふん列車』で世界遺産を楽しむ旅はいかが?

画像:anna

連結部には3体のハニワのオブジェが飾られていて、車窓から見えるのどかな風景を背景にすれば、とっても可愛らしい写真が撮れますよ。
可愛すぎ!話題の『こふん列車』で世界遺産を楽しむ旅はいかが?

画像:anna

さらに車内にある全てのつり革には、ハニワと前方後円墳のデザインがあしらわれています。電車が揺れるたびに、ゆらゆらとハニワが揺れて、思わず動画を撮りたくなるほどの愛らしさです。
可愛すぎ!話題の『こふん列車』で世界遺産を楽しむ旅はいかが?

画像:anna

こふん列車の楽しみはこれだけではありません。車内には、ハニワや古墳にまつわるクイズが用意されていたり、路線図も古墳デザインを取り入れて他とは違う特別なものになっていたりと、まるで電車そのものがアトラクションのようになっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.