くらし情報『「見終わったあと、きっと誰かと語りたくなる映画」映画『Red』主演・夏帆さんインタビュー』

2020年3月7日 17:00

「見終わったあと、きっと誰かと語りたくなる映画」映画『Red』主演・夏帆さんインタビュー

目次

・『Red』あらすじ
・相手が変わるごとに引き出される「顔」
・関西に抱くイメージは?
「見終わったあと、きっと誰かと語りたくなる映画」映画『Red』主演・夏帆さんインタビュー

直木賞作家である島本理生原作の『Red』が、2020年2月21日(金)から公開されています。かつての恋人と深い関係に沈んでいく女性の姿を描いた『Red』。

今回は、主演を務める女優の夏帆さんにみどころや役柄への想いを語ってもらいました!

■『Red』あらすじ

愛する夫と娘と暮らす、専業主婦の村主塔子(夏帆)。周りから見ると幸せな生活をしているように見える塔子ですが、同居する夫の両親との関係や夫である真(間宮祥太朗)とのすれ違いに、少しずつ心を擦り減らしていきます。
「見終わったあと、きっと誰かと語りたくなる映画」映画『Red』主演・夏帆さんインタビュー

©2020『Red』製作委員会

そんなある日、塔子は以前会社の上司だった鞍田(妻夫木聡)と10年ぶりに再会。10年前は恋人関係だった2人は、再会をきっかけに惹かれあうように。少しずつ愛を深めていく2人の関係の結末は──。

■相手が変わるごとに引き出される「顔」

─『Red』のお話を受けたとき、どのように感じられましたか?

このような大人の恋愛映画は初めてでした。また、ここ最近演じていないような役柄でもあります。監督の三島有紀子さんとは過去にご一緒したこともあり、そんな三島さんに主演として声を掛けて頂いたことに、まず嬉しく感じました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.