くらし情報『「プロとして、もっと磨かないと」『JO1』川西拓実・大平祥生・鶴房汐恩が語る「仕事への熱い思い」』

2020年3月27日 02:15

「プロとして、もっと磨かないと」『JO1』川西拓実・大平祥生・鶴房汐恩が語る「仕事への熱い思い」

目次

・プロとしての意識をさらに高めたい!
・尊敬しているメンバーは?
「プロとして、もっと磨かないと」『JO1』川西拓実・大平祥生・鶴房汐恩が語る「仕事への熱い思い」

オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』の合格者11人で結成され、2020年3月4日(水)にデビューしたばかりの、今をときめく11人組ダンスボーカルグループ『JO1(ジェイオーワン)』。皆さんの周りでも話題になっているのではないでしょうか?

今回annaでは川西拓実さん、大平祥生さん、鶴房汐恩さんの3名をインタビューさせていただきました!今回のテーマは「仕事」。彼らの仕事に対する思いやこれから挑戦していきたいことなど、熱く語っていただきました。

■プロとしての意識をさらに高めたい!

─デビューされて、今の心境を教えてください!また家族や友人など周りからの反応はいかがですか?
「プロとして、もっと磨かないと」『JO1』川西拓実・大平祥生・鶴房汐恩が語る「仕事への熱い思い」

画像:anna

川西僕はデビュー決まってから、実家にいるタイミングがあったんですが、そのときに近所の方からお祝いの花や「おめでとう」と書かれたメッセージをもらいました。感動しましたね……。本当に嬉しかったです。今までは一般人だったけど、これからは芸能人として頑張ります!

大平デビューしてから、プロとしての意識を強く持つようになりました。実体験で言うと、僕は歌のレコ―ディング中に、先生からこうしてって指導されても、パッとできなかったことがありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.