くらし情報『「今後の生活が不安…」すぐに確認したい!休業・失業中に届け出すればもらえるお金5選』

2020年4月29日 12:00

「今後の生活が不安…」すぐに確認したい!休業・失業中に届け出すればもらえるお金5選

目次

・1:健康保険加入者必見!休業4日目から手当金が支給される『傷病手当金』
・2:仕事上の原因で療養する場合に申請したい!より手厚い支給の『休業補償給付』
・3:1日上限8,330円!子どもの学校が休業の際に活用したい『学校等休業助成金・支援金』
・4:病気やケガで就職活動できないときは?『傷病手当』
・5:もしもの時のために必ず知っておきたい!『未払賃金立替払制度』
「今後の生活が不安…」すぐに確認したい!休業・失業中に届け出すればもらえるお金5選

新型コロナウイルスの影響で世界的に不安定な経済状況が続いていますね。「もし明日から働けなくなったら?」「給料が下がり生活が苦しい……」など、お金に関する様々な不安はありませんか?

そこで今回は、いざと言う時のために知っておきたい、“休業・失業でもらえるお金”について4つご紹介していきます。

■1:健康保険加入者必見!休業4日目から手当金が支給される『傷病手当金』

「今後の生活が不安…」すぐに確認したい!休業・失業中に届け出すればもらえるお金5選

画像:StockLite/Shutterstock

健康保険に加入している方にぜひ知っておいて欲しいのが、『傷病手当金』。こちらは、健康保険の加入者本人が病気やケガで療養のために労務不能で給与が受けられないときに1日あたりの給料の3分の2が支給されるものです。勤務先を通じて健康保険組合や協会けんぽに申請することで受け取ることができます。
「今後の生活が不安…」すぐに確認したい!休業・失業中に届け出すればもらえるお金5選

画像:anna

支給期間は、休業して4日目から最長で1年6か月間。休業してから初めの3日間は待期期間で、対象となるには医師の意見書が必要です。(新型コロナウイルス感染症の場合:やむを得ない理由により医療機関への受診を行わず、医師の意見書を添付できない場合は、申請書にそのことを記載すれば不要)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.