くらし情報『「妊娠から出産までの出費に悩まなくていい!」実はもらえるはずの給付金』

2020年5月20日 18:00

「妊娠から出産までの出費に悩まなくていい!」実はもらえるはずの給付金

目次

・1:一定額の助成が受けられる『妊娠健診費用助成』
・2:妊婦が自己負担した医療費を助成『妊産婦医療費助成制度』
「妊娠から出産までの出費に悩まなくていい!」実はもらえるはずの給付金

子どもが生まれるまでドキドキとワクワクの毎日ですが、健診費用や出産費用を考えると、意外とかさむ医療費で不安になることもありますよね。

そこで今回は、結婚・妊娠した時に知っておきたい助成金についてご紹介します。妊娠中の方も、これから子どもを望んでいる方も、今から知っておきたい情報ばかりなので要チェックです♡

■1:一定額の助成が受けられる『妊娠健診費用助成』

妊娠したらすぐに市町村へ届け出ておきたいのが『妊娠健診費用助成』。こちらは、『妊婦健診(妊娠健康検査)』を受ける費用を市町村が助成してくれる制度です。
「妊娠から出産までの出費に悩まなくていい!」実はもらえるはずの給付金

画像:AePatt Journey/PIXTA(ピクスタ)

通常、妊婦健診では保険が適用されず、1回3,000円〜1万円程度の費用が全額自己負担となります。しかし、妊娠〜出産までの健診回数は14回前後。毎回1万円ほどかかるとしたら、かなりの負担になりますよね。
「妊娠から出産までの出費に悩まなくていい!」実はもらえるはずの給付金

画像:anna ※神戸市「妊婦健康診査」を参考に作成

そこで、『妊娠健診費用助成』を活用すれば、「妊婦健診の受診票」を持って各自治体と委託契約を結んだ医療機関で健診を受けることで、一定額を助成してもらえます。例えば、神戸市では市内に住む妊婦に対して「妊婦健康診査受診券」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.