くらし情報『得してる?損してる?お金のプロがやさしく解説する「医療保険のポイント」』

2020年5月8日 12:00

得してる?損してる?お金のプロがやさしく解説する「医療保険のポイント」

目次

・還付金がある保険は損?それとも得?
・主な特約と女性疾病特約の例
・先進医療特約の保険料の例
得してる?損してる?お金のプロがやさしく解説する「医療保険のポイント」

いざという時に助かる『医療保険』。1世帯あたり、年間およそ8万円を保険料として使っているといわれています。長い目で見ればかなりの負担ですよね。

そこで今回は、2020年4月6日(月)に放送された読売テレビ『朝生ワイド す・またん!』の大人気コーナー『まるトクZIP!』で放送された、お金のプロがやさしく解説する“医療保険の損得ポイント”をご紹介します。

■還付金がある保険は損?それとも得?

得してる?損してる?お金のプロがやさしく解説する「医療保険のポイント」

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

「5年ごとにお祝い金がもらえる」というような保険、聞いたことありませんか?一見お得そうに見えるこの保険、プロの目線ではずばり“お得とは限らない”そうです!
得してる?損してる?お金のプロがやさしく解説する「医療保険のポイント」

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

還付金がある保険、ない保険を比較すると、還付金がある保険の方が月々の保険料は2倍ほど高いものが多いです。例えば、還付金がある保険の保険料を毎月1万円として考えます。還付金は保険会社においてある自分のお金から受けとるので、支払った保険料以上の金額がもらえることはありません。また、入院や手術をして給付金を受けとった場合は「還付金が減る」という場合もあります。つまり、プラスになることはないのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.