くらし情報『大阪梅田にある「世界の建物トップ20」とは』

2020年11月17日 22:00

大阪梅田にある「世界の建物トップ20」とは

目次

・「梅田スカイビル」って?
・訪れてほしい!「空中庭園展望台」
・レトロ食堂街「滝見小路」
大阪梅田にある「世界の建物トップ20」とは

梅田のランドマークとして知られている『梅田スカイビル』。2008年、イギリスの有名出版社が選ぶ『世界の建物トップ20』にインドのタージマハルやカンボジアのアンコールワットなどと並び、ランクインした注目のスポットなんです!

今回は『梅田スカイビル』の魅力をたっぷりとご紹介します。

■「梅田スカイビル」って?

1993年に完成した『梅田スカイビル』は、地上40階、地下2階で構造されていて、高さはなんと173m!建物は、東棟と西棟の2棟あり、上部で連結しているのが特徴的です。上部の円の形をしているところには『空中庭園展望台』があります。
大阪梅田にある「世界の建物トップ20」とは

画像:anna

オフィスやイベントホール、映画館、レストランなどが入っていて、ビルの下では、盆踊りやクリスマスなどさまざまなイベントが開催されているんです。

■訪れてほしい!「空中庭園展望台」

大阪梅田にある「世界の建物トップ20」とは

画像:anna

地上173mの風に吹かれながら大阪の街並みを一望できる屋上の『空中庭園展望台』。
大阪梅田にある「世界の建物トップ20」とは

画像:anna

入り口へはエレベーターで35階まで行き、35階でシースルーエスカレーターに乗り換え、39階まで行きます。空中庭園展望台のチケットは39階で購入できます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.