くらし情報『値上がり前の今がチャンス!プロが教える「保険の見直し」』

2020年10月25日 15:00

値上がり前の今がチャンス!プロが教える「保険の見直し」

目次

・保険の見直しは今がチャンス!【上昇傾向】の保険料
・建物だけ?家財も必要?火災保険の対象をチェック!
・相手の過失でも自分で補償!? 火災保険の必要性
・台風・地震の補償はオプション加入!ぴったりのものをチョイスして
・保険料を“少しでも安く”する2つのポイント
値上がり前の今がチャンス!プロが教える「保険の見直し」

「保険に入らないと家を借りられない・購入できないから」となんとなく加入している『火災保険』。更新の時期が来ても、そのまま同じ保険を継続している方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、2020年9月29日(火)に放送された読売テレビ『朝生ワイド す・またん!』の大人気コーナー『まるトクZIP!』より、お金のプロがやさしく解説する“火災保険の見直しポイント”をご紹介します。

■保険の見直しは今がチャンス!【上昇傾向】の保険料

値上がり前の今がチャンス!プロが教える「保険の見直し」

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

今回『火災保険』について教えてくれるのは、ファイナンシャル・プランナー・前野彩さん。お金に関する本を複数出版されているお金のプロです。

年々災害が増えている今、保険料は上昇傾向。近畿は特に災害が多く、築15年以上の建物は来年値上げの予定があるのだとか。『火災保険』の見直しは、値上がり前の今がチャンスです。

■建物だけ?家財も必要?火災保険の対象をチェック!

値上がり前の今がチャンス!プロが教える「保険の見直し」

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

『火災保険』の保険料は、建物の種類や面積、どんな補償を付けるかで大きく変わってきます。火災保険の対象には、建物と家財があり、建物は建物本体以外にも門や塀、物置や車庫が含まれます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.