くらし情報『幻のゴボウ、高さ20mを空中移動…?兵庫・丹波篠山が楽しそう』

2021年3月13日 21:30

幻のゴボウ、高さ20mを空中移動…?兵庫・丹波篠山が楽しそう

■4:イギリス発祥の「スリップウェア」を継承した丹波焼(丹窓窯)

幻のゴボウ、高さ20mを空中移動…?兵庫・丹波篠山が楽しそう
画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

丹波篠山の今田町・立杭地区は、日本六古窯の1つで丹波焼の町なんです。800年ほどの伝統を受け継ぎ、現在約60軒の窯元が点在しています。丹波焼は明るい鮮やかな地肌に緑色が映え爽やかな作品が多いのが特徴ですが、江戸時代から続く老舗の窯元『丹窓窯』は丹波焼の窯元で唯一「スリップウェア」を受け継いでいるんです。
幻のゴボウ、高さ20mを空中移動…?兵庫・丹波篠山が楽しそう

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

「スリップウェア」とは、素焼き前の器に化粧泥(けしょうど)と呼ばれる泥で模様を描いた器のことで、戦後、世界的に有名なイギリスの陶芸家が丹波篠山を訪問し、イギリス発祥の「スリップウェア」を『丹窓窯』に伝えたのだとか。この「スリップウェア」を今も受け継いでいる窯元は、全国でも数軒しかないそうです。
幻のゴボウ、高さ20mを空中移動…?兵庫・丹波篠山が楽しそう

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

スポイトや竹の細い先のしなりを利用して描いた模様は、丹波焼の里”に伝わる異国の芸術作品です。

<施設情報>
丹窓窯
住所:兵庫県丹波篠山市今田町上立杭327
電話:079-597-2057
営業時間:10:00~17:00
定休日:不定休

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.