くらし情報『【極主夫道】ついに迎えた最終回!最後まで見逃せない涙ありの展開とは…?』

2020年12月15日 08:00

【極主夫道】ついに迎えた最終回!最後まで見逃せない涙ありの展開とは…?

【極主夫道】ついに迎えた最終回!最後まで見逃せない涙ありの展開とは…?

玉木宏が主演を務める連続ドラマ『極主夫道』(読売テレビ、毎週日曜午後10時30分放送)の最終回が、2020年12月13日(日)に放送されました。

【極主夫道】ついに迎えた最終回!最後まで見逃せない涙ありの展開とは…?

累計発行部数が250万部を超える、おおのこうすけの同名コミックを実写化した本ドラマ。

最凶の極道“不死身の龍”と言われ、極道から足を洗った後に結婚して専業主夫となった龍(玉木宏)が、町の平和を守るために奮闘する姿を描く、笑いあり涙ありのヒューマンコメディーです。

ついに迎える最終回では主人公の龍を救おうと奮闘する美久のやさしさに、涙必須の予感……。そんな気になる最終話のあらすじをご紹介します。

■最終回のあらすじ

【極主夫道】ついに迎えた最終回!最後まで見逃せない涙ありの展開とは…?

©おおのこうすけ / 新潮社・読売テレビ

龍(玉木宏)は、向日葵(白鳥玉季)を誘拐した犯人の指定する山小屋へ向かった。指定された場所へたどり着いた龍は、向日葵を見つける。龍は、向日葵のために自分の命を投げ出す覚悟だった。向日葵を誘拐し龍を呼び出した犯人は、いったい誰なのか……?
【極主夫道】ついに迎えた最終回!最後まで見逃せない涙ありの展開とは…?

©おおのこうすけ / 新潮社・読売テレビ

クリスマスが近付く中、龍は高熱を出して寝込んでしまう。美久(川口春奈)が看病して翌朝には熱が下がるものの、今度は腹痛に襲われる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.