くらし情報『「ちゃうねん」は話のバトン?ケンミンショーで判明・大阪府民がよく使う「謎の枕詞」』

2021年4月29日 21:54

「ちゃうねん」は話のバトン?ケンミンショーで判明・大阪府民がよく使う「謎の枕詞」

目次

・そもそも枕詞って?
・OSAKA 枕詞1:正味の話
・OSAKA 枕詞2:やらしい話
・OSAKA 枕詞3:ちゃうねん
「ちゃうねん」は話のバトン?ケンミンショーで判明・大阪府民がよく使う「謎の枕詞」

皆さんは、誰かと話すときについつい言っちゃう前置きの言葉はありますか?

2021年4月29日(木)に放送された『秘密のケンミンSHOW極』の人気コーナー『ヒミツのOSAKA極』では、大阪府民がよく使う枕詞が徹底レクチャーされました。

annaでもその内容をたっぷりとお届けします♡

■そもそも枕詞って?

元来、“枕詞”とは主に和歌に用いられることばで、特定の語句の前に置かれるお約束のような修飾語のことを指します。現在では「要するに」「ちなみに」「ぶっちゃけ」など、話の前置きに使うことばのことを言いますよね。
「ちゃうねん」は話のバトン?ケンミンショーで判明・大阪府民がよく使う「謎の枕詞」

画像:読売テレビ『秘密のケンミンSHOW極』

そこで今回は季節はもう春ということで、進学や就職などで大阪府民と触れ合う機会が多いであろう今こそ、大阪のトーク力を支える謎の枕詞を徹底レクチャーします!

■OSAKA 枕詞1:正味の話

「ちゃうねん」は話のバトン?ケンミンショーで判明・大阪府民がよく使う「謎の枕詞」

画像:読売テレビ『秘密のケンミンSHOW極』

「正味の話」といえば、上方漫才界のレジェンド・横山やすしさんの定番フレーズですよね。この言葉、大阪府民はいったいどういう意味で使っているのかを調査したところ……。
「ちゃうねん」は話のバトン?ケンミンショーで判明・大阪府民がよく使う「謎の枕詞」

画像:読売テレビ『秘密のケンミンSHOW極』

「“正味”は言う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.