くらし情報『【京都】老舗の技が光る!女主人の発想で人気急上昇中の「粋なアイテム」』

2021年7月31日 08:01

【京都】老舗の技が光る!女主人の発想で人気急上昇中の「粋なアイテム」

目次

・創業100年の老舗で生かす4代目女主人
・出産を機に生まれ育った京都に戻ることを決意
・伝統を守るために業務改善と新商品開発
・いまは仕事のあとの一杯が楽しみ
・伝統と職人の世界を守るために進み続ける
・気負わず自然体で京都の町の伝統継承を考える
・「大西常商店」のおすすめ商品!
【京都】老舗の技が光る!女主人の発想で人気急上昇中の「粋なアイテム」

関西の輝く女性にスポットライトを当て紹介する『anna』の連載企画『あんな、ひと』。第3回目は、夏は盆地で暑いことで知られる京都で欠かせない『京扇子』のお店で発見!

老舗専門店の4代目を継ぎ、伝統工芸品でもある京扇子の業界に新たな息吹をもたらす女主人の活躍と素顔に迫ります。

■創業100年の老舗で生かす4代目女主人

【京都】老舗の技が光る!女主人の発想で人気急上昇中の「粋なアイテム」

画像:anna

今回の『あんな、ひと』大西里枝さんが切り盛りしているのは、京扇子の企画、製造、販売を行う『大西常商店』。

製造といっても実際に作るのは、京都に作業場を構える職人たち。扇子1本に87もの工程があり、20~30名の職人が関わっています。その扇子を主に小物屋や販売店から受注し、要望に沿った扇子を企画。各職人に発注し、納品されたものを卸売りしています。店舗もありますが、小売店への卸がメインです。
【京都】老舗の技が光る!女主人の発想で人気急上昇中の「粋なアイテム」

画像:anna

この『大西常商店』が、いま注目を集めています。その理由が2018年10月に販売を開始した『ルームフレグランス かざ』。香りを広げるスティック部分に、扇骨と呼ばれる扇子の竹の部分を利用しています。薄く削られた竹は毛細管現象によりフレグランス液を吸い上げて拡散するのにピッタリ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.