くらし情報『鈴木伸之の「デスタイムが最高」と歓喜!花火大会デートの行方は…?』

2021年7月18日 08:00

鈴木伸之の「デスタイムが最高」と歓喜!花火大会デートの行方は…?

しかし、周囲の人間にバレないように、表向きには美月の秘書兼雑用係になる。

その結果、柊はこき使われるハメに……。隙を突いて美月を殺そうと企む柊だったが思うようにいかず、詩織(水野美紀)は柊に「殺しを諦めたほうがいい」と告げる。
鈴木伸之の「デスタイムが最高」と歓喜!花火大会デートの行方は…?

©︎ytv

そんな中、流星(鈴木伸之)が『ハリネズミ探偵 ハリー』の実写化映画に出演したいと美月に直談判する。流星が“デス・プリンス”と同一人物だと知った柊は、流星が美月を殺すのではないかと警戒する。
鈴木伸之の「デスタイムが最高」と歓喜!花火大会デートの行方は…?

©︎ytv

対面した柊と流星は、「お前が殺す前に、俺が殺す」「面白い。どちらが先に彼女を殺せるかな?」とにらみ合い、2人は美月をめぐって対決することに。だが、柊は、美月を殺そうと罠を張るもののなかなかうまくいかない。

そんな中、掃除するふりをして美月の部屋を探っていたときに、ゴミ箱から書きかけの原稿を見つけた。美月が『ハリネズミ探偵 ハリー』ではない新作を書こうとしていたことを知り、周囲に隠している美月の思いを知るのだった。
鈴木伸之の「デスタイムが最高」と歓喜!花火大会デートの行方は…?

©︎ytv

美月は、新作の構想を柊に語る。それは幼なじみ同士のラブストーリーだった。柊は美月に、初恋相手の葵と一緒に花火大会に行くと約束したのに、行けなかった幼い日の思い出を話す。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.