くらし情報『地元の人が太鼓判!フォトジェニックすぎる和歌山の「高原に広がる絶景」』

2021年11月26日 07:30

地元の人が太鼓判!フォトジェニックすぎる和歌山の「高原に広がる絶景」

目次

・標高870メートル!四季の景色が楽しめる「生石高原」
・映え写真を撮るならススキをバックに!
・人気過ぎて行列!生石高原に来たら撮りたい写真スポット
oisikogen

和歌山在住者だけじゃなく、県外からも“映えスポット”として人気の『生石高原』。10月になると一面がススキ草原になり、とにかくオシャレな写真が撮れると大人気なんです。

今回は、そんな『生石高原』の魅力をご紹介。ドライブ中に立ち寄ってみるのもおすすめですよ♡

■標高870メートル!四季の景色が楽しめる「生石高原」

oisikogen

画像:MAYU

和歌山・紀美野町の山頂にある生石高原。坂道を登りきると視界が開けて、標高870メートルの野原が見えてきます。なだらかな山上に広がる絶景は圧巻!

筆者は人気の秋の景色を観にきました。訪れた日は11月中旬の平日でしたが、すでに駐車場はいっぱい……。
oisikogen

画像:MAYU

秋の季節は特に訪れる方が多いようで、第2駐車場も設備されていました。土日は駐車場に辿り着くまで渋滞が起きるそうなので、行く際はご注意ください。

■映え写真を撮るならススキをバックに!

oisikogen

画像:MAYU

すれ違う皆さんがカメラを持っていて、キレイに撮影できる構図を探していました。本当にどこを切り取ってもススキが映えるんです!
最近では、ウェディングフォトの撮影地としてもたくさんの方が訪れています。この日も2組が撮影をしており、ついつい見惚れてしまいました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.