くらし情報『P-Patch:シアトルの小さな庭の家庭菜園』

2017年6月26日 06:00

P-Patch:シアトルの小さな庭の家庭菜園

おはようございます♬

今朝は、シアトル独特の呼び名ではありつつも
みなさんには聞き覚えのある「共同家庭菜園」のお話と
Sayを使ったお役立ちフレーズをご紹介したいと思います。

アメリカでも近隣の住人が集まり
共同で敷地を借りて野菜やフルーツを育てる習慣があるのですが
シアトルではそういった「共同の家庭菜園」は
P-Patchと呼ばれ、とても人気があります。

うちの近所にもちらほら。
そんなわけで渡米して3年。
お花でも観葉植物でもすぐ枯らせる私ですが
旦那さんの実家のスペースに義父と2人
共同で野菜を育ててみようプロジェクトをスタートしました!

p-patch


家庭菜園


オクラ・パクチー・パセリ・ほうれん草・レタス
さやいんげん・とまと・唐辛子・いちごと
それぞれが思い思いに買ってきた種を撒いて

2週間が経ち

オーガニック


1か月が過ぎた頃にはこんな感じ。

家庭菜園


種を撒いてひと月半

ついにレタスとほうれん草、トマトとバジルを収穫する日が来ました!

オーガニックサラダ


じゃじゃ~ん!

バーベキューに合わせて、サラダとカプレーゼをサーブ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.