くらし情報『いつもの朝にちょい足し!カラダを動かす習慣アイデア5つ』

2017年2月1日 17:00

いつもの朝にちょい足し!カラダを動かす習慣アイデア5つ

運動不足になりがちな季節。でも、食べる量は変わらない…というより、冬の味覚がおいしくてむしろ増えてる…という方もいるのではないでしょうか。

連載「朝のビューティー習慣123♪」も人気のキレイナビ代表・ダイエットインストラクターの飯塚美香さんによると、「朝は昼間や夜間よりも10%程度も多くエネルギーを消費できる」時間なんだそう。ならば、朝に運動習慣をプラスして、ダイエットに役立てたいですよね。

目次

・【1】ものをとるときには「膝を曲げて」
・【2】ご飯を食べるときこそ「きれいな姿勢」で
・【3】歩くときは「正しい歩き方」で「早歩き」
・【4】布団の中でごろごろ中に「朝ストレッチ」
・【5】階段を登るときは「つま先立ち」
・【こちらもオススメ☆】痩せ体質を目指す「朝の代謝アップ法」3つ


でも、朝は忙しくてなかなか運動時間がとれないもの。今回は、いつもの生活にちょい足ししたり、ちょっと意識を変えるだけで運動できる「ちょい足し運動」アイデアを紹介します。

【1】ものをとるときには「膝を曲げて」

GN191_72A


床にあるものをとるときや、何かを落としてしまったとき、そのまま前屈してとっていませんか?

今日から、スクワットと同じように「膝を曲げて」しゃがんでものをとるようにしてみてください。意識してみると、ちゃんと太ももの筋肉を使っていることがわかるはず。

【2】ご飯を食べるときこそ「きれいな姿勢」で

GW083_72A


毎日食べる朝ごはん。つい気を抜くと猫背になりがちという方も、朝ごはんを食べる時間だけなら、忘れずに意識し続けられるのではないでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.