くらし情報『歴史って面白い!初めてでも読みやすい「時代小説&漫画」3選』

2017年3月13日 00:00

歴史って面白い!初めてでも読みやすい「時代小説&漫画」3選

と呼ばれていた。城主・成田長親は、領民から「のぼう様」と呼ばれ、泰然としている男。智も仁も勇もないが、しかし、誰も及ばぬ「人気」があった―。映画化もされた人気小説です!

のぼうの城

百鬼夜行抄(著)今市子

歴史って面白い!初めてでも読みやすい「時代小説&漫画」3選

時代小説ではありませんが、こちらの漫画もおすすめです。

主人公の飯嶋律(いいじまりつ)は、今は亡き祖父・飯嶋蝸牛(いいじまかぎゅう)から、普通の人間には見えない妖魔を見る力を受け継ぎます。さまざまな妖魔との出会い、普通の生活には存在しない幻想的な世界や物語が描かれています。

ジャンルはホラーとされ、少し怖い内容もあるんですが、律くんの生活を見ていると、古き良き日本の文化も描かれているなーと思うんです♪
百鬼夜行抄 1 (朝日コミック文庫)

いかがでしょうか?いつも、ついつい読むジャンルが偏ってしまうんですが、こういった時代ものを読むと視野が広がる気がしますよね。今年はもっと時代小説を読んで知識を増やしていきたいなーと思います!

「新選組の日」とは?

新選組にゆかりのある東京都日野市の特定非営利法人日野市観光協会が制定。日付は京都の壬生に屯所を置いていた近藤勇などの浪士隊に1863年(文久3年)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.