くらし情報『珊瑚の箸置き、葉っぱの器。暮らしの達人・平松洋子の台所エッセイ』

2017年3月31日 18:00

珊瑚の箸置き、葉っぱの器。暮らしの達人・平松洋子の台所エッセイ

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『平松洋子の台所』。

おいしい匂いがする、いろいろな音がする。エッセイスト・平松洋子の台所にまつわるエッセイ集です。

20170331

平松洋子の台所』
著者:平松洋子
出版社:新潮社

平松洋子さんの台所はとても風通しがいい。電子レンジは捨てちゃった。やかんもケトルもない。お湯をわかすのは鉄瓶ひとつ。冷やごはんは蒸籠でふかし、牛乳は小さなミルクパンであたためる。

自分の好きものを集め、好きなように使って、決まりごとに縛られない。野菜を花器に活けたり葉っぱを器にしてみたり。桜の枝や外国の海辺で拾った珊瑚を箸置きにする。著者は台所にまつわる即興の楽しみをいくつも教えてくれる。

ずっと変わらないのはブリキの米びつ。ふたを開ければ減り具合が一目瞭然なのがいい。新しい米を入れる時の渇いた音も好きなのだそうです。

台所の「朝時間」は、いちょうのまな板。愛用のまな板で、だいこんや青菜を切り、油揚げを刻む朝です。

おいしい匂いが外まで流れてくるような、幸せなエッセイです。

Love, まっこリ〜ナ

***

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.