くらし情報『凹んでも、すぐ立ち直れる?「つらいな」と思ったとき読む本』

2017年4月22日 18:00

凹んでも、すぐ立ち直れる?「つらいな」と思ったとき読む本

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『「つらいな」と思ったとき読む本』。

トラブルをチャンスに変えるには?気持ちが疲れた時に立ち直る方法は?

今日、つらいことがあったばかりの人や悩んでいる大切な人を勇気づけたい人のために書かれた一冊です。

20170422

『「つらいな」と思ったとき読む本』
著者:中谷彰宏
出版社:大和書房

つらいことが起きた時こそがターニングポイント。トラブルやアクシデントは、いいチャンスにめぐり合う手前で起こることが多いのだそうです。

気持ちが折れてしまうことが起きても「ターニングポイントの予兆」ととらえるようにしてみると、モノの見方が全く変わってきますよね。

心がへこんだ時に立ち直る58の方法をアドバイスする本書。グチを言うことで、ごまかさない。ため息をつきながらすることを、やめよう。好きなことで、失敗しよう。そして、「今ハッピーになること」をしよう……。

つらいことの受け止め方を変える言葉が、心ではわかっているけどなかなか実行できないこと、つらいときには見えにくいことに気づかせてくれます。

心の習慣の「朝時間」は、「昨日と違うことをしよう」。自分が変わることは成長の証。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.