くらし情報『毎日、手まめに料理する幸せを綴る本『バタをひとさじ、玉子を3コ』』

2017年9月7日 18:45

毎日、手まめに料理する幸せを綴る本『バタをひとさじ、玉子を3コ』

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『バタをひとさじ、玉子を3コ』。

かつお節入りのオムレツから差し入れのビーフシチューまで。料理エッセイの元祖『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』で知られる石井好子さんが、作るたのしみ、食べるたのしみを綴った一冊をどうぞ。

20170907

『バタをひとさじ、玉子を3コ』
著者:石井好子
出版社:河出書房新社

まるで手品みたいね、お料理って。この言葉、とても好きです。軽やかに台所に立つようすが目に浮かびます。

ごはんを自分で作るのも、人に食べさせるのもどちらも好き。料理をする前、冷蔵庫や戸棚を開けて、何を作ろうかと思いめぐらすのも好きなひとでした。

おいしいごはんを作る秘訣は、面倒くさがらずに「手まめに」料理すること。著者がいつもこまめに作った夜食は本当においしそう。パリ仕込みの熱々のスープやホットサンド、おにぎりと卵汁の日本の夜食も、夕食とはまた違ったたのしみとおいしい匂いが伝わってきます。

温かい一皿を食べれば、みんな幸せになる。そんな料理への想いがあふれるエッセイです。

*『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』もぜひどうぞ。

Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.