くらし情報『町を好きになることは、恋と似ている。ゆる散歩したくなるエッセイ集』

2017年11月2日 18:30

町を好きになることは、恋と似ている。ゆる散歩したくなるエッセイ集

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『いつか来た町』。

歌人・東直子が25の町の情景をつづった本。京都、横浜、遠野、下北沢、新宿、パリ……。いつか来た町。みなさんはどの町に行ったことがあるでしょうか。

51MNu5D-ObL-1

『いつか来た町』
著者:東直子
出版社:PHP研究所

それぞれの町の話には素敵なタイトルがついている。連弾、木霊、流転、面影、明暗。たとえば「連弾」は神保町、「木霊」は江古田。題名と町のエピソードがイマジネーション豊かにつながってゆく。

土地を好きになるというのは、恋をする心と似ているという。銀座の街並みに人工の光が灯りはじめる頃、著者はその美しさにうっとりする。冬の仙台で夕方の光に包まれながら「町が好きだ」と思う。きっと、どんな町でも、と。著者は夕暮れ時の町に恋をしているのかもしれない。

木々が色づく秋色の町をゆっくり散歩したくなるエッセイです。公園のベンチに座って読むのもオススメです。週末の読書にもぜひ。

Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.