くらし情報『冬の夜に心温まる本を!おいしいごはんが人をつなぐ『台所のラジオ』』

2017年11月7日 18:45

冬の夜に心温まる本を!おいしいごはんが人をつなぐ『台所のラジオ』

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『台所のラジオ』。

『つむじ風食堂の夜』『それからはスープのことばかり考えて暮らした』などの作品で知られる吉田篤弘の心温まる短編集。台所のラジオを聴く人たちの物語を静かな筆致でつづります。

BONBON459


台所のラジオのスイッチを入れると、しっとりとした女性の声が流れてくる。夕方のニュースや葉書を読むこの声に、ふと心を動かされる人たちがいる。彼らはみな、それぞれの思いを抱えながらラジオに耳を傾け、そこからまた物語がつながっていく。

食卓の古いトランジスタ・ラジオを聴きつつひとりごはんを食べながら、デリバリー・ピザのチラシを眺めながら、フランス・パンをかじりながら、編み物をしながら……。

そんなふうに台所でラジオを聴く人たちに、ある時小さな奇跡のような一瞬が訪れる。ラジオの音もおいしい料理の匂いも冬の夜にすっと溶けていくようです。

20171107

『台所のラジオ』
著者:吉田篤弘
出版社:角川春樹事務所

Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.