くらし情報『昔の「恋うた」をもとに紡ぐ、恋愛小説『あかねさす 新古今恋物語』』

2017年12月14日 18:45

昔の「恋うた」をもとに紡ぐ、恋愛小説『あかねさす 新古今恋物語』

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『あかねさす新古今恋物語』。

紫式部、和泉式部、在原業平らの和歌から新たに生まれた恋愛短篇集。人気歌人で小説家の加藤千恵が、恋する気持ちをせつなく描きます。

昔の「恋うた」をもとに紡ぐ、恋愛小説『あかねさす 新古今恋物語』

『あかねさす新古今恋物語』
著者:加藤千恵
出版社:河出書房新社

はるか昔に作られた恋の歌。和歌の言葉がちょっとむずかしくたって、人を慕わしく思う気持ちはちゃんと伝わる。心を震わせる。

『新古今和歌集』のなかから著者が恋の歌を厳選。そのときめきや狂おしさはそのままに、22篇の色鮮やかなラブストーリーが生まれました。ショートストーリーの最後には著者の現代語訳短歌が付いています。

昔のひとが和歌に込めた想いは、たとえばこんなふうによみがえる。「準備していたのに雨で穿けなかったスカートみたい言えないでいる(加藤千恵)」

どうしようもないほどせつなくて、甘くて、ひそやかな恋の歌と出会える一冊。千年も前の恋ごころがしっくりとくる、身近に思える不思議を感じます。

加藤千恵さんの本、以前ご紹介したこちらの小説もどうぞ。
*『真夜中の果物』

Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.