くらし情報『縁起のいい初夢のシンボル!「一富士、二鷹、三茄子」の意味って?』

2018年1月2日 00:00

縁起のいい初夢のシンボル!「一富士、二鷹、三茄子」の意味って?

目次

・1月2日:今日は「初夢の日」
・縁起モノ!「初夢」の豆知識♪
・「初夢の日」とは?
縁起のいい初夢のシンボル!「一富士、二鷹、三茄子」の意味って?


1月2日:今日は「初夢の日」

1月2日の夜から3日の朝にかけて見る夢を「初夢」とすることから制定された記念日です。(地域によっては元旦の夜から見る夢が「初夢」ともいわれています)

「一富士、二鷹、三茄子」といわれるように、夢に出てくるモノによって、縁起の良し悪しがわかるようになっていますよね。

しかし、実際のところ、この3つが表す意味をきちんと知っていますか?今日は「初夢」にまつわる豆知識をご紹介します♪

縁起モノ!「初夢」の豆知識♪

初夢として「富士、鷹、茄子」が夢に出てくると縁起がいい!といわれていますよね。


  • 【富士】高い理想や目標を表しており、出世の象徴


  • 【鷹】自由な行動を表し、開運や夢につながる


  • 【茄子】物事を「成す」とし、蓄財や子孫繁栄を表現

など、それぞれがもっている意味も違ってきます。これらが夢に出てくることで、1年の運気上昇していると感じますよね。

しかし、実際はいい夢ばかりじゃないのも現実…。もし「なんだか気になるな〜」と感じる夢を見てしまったらどうしたらいいのでしょうか?


  • 対処法【1】「午前中に夢の内容を人に話す」

朝起きて、モヤモヤした感情が残ってしまう場合は、午前中のうちに夢の内容を人に話すと、その夢はなかったことになり、現実では起こらないそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.